製造拠点

株式会社金門光波 福島工場

動画を見る
金門光波は一貫した製造工程で生産を行っています

当社の目標は、お客様に世界で最も高品質最先端のHe-Cdレーザをご提供することです。 この目標を達成するためにHe-Cdレーザの生産、組立など全ての工程を社内で構築しています。これは下請けに依頼するよりも高価になりますが、当社で製造工程全体をコントロールが可能になります。かつては、自社グループから石英を調達し、加工してHe-Cdレーザチューブを生産していました。これらのガラス加工能力はお客様に、より高品質な製品を提供するために使用されています。
当社の生産方式の大きな点は、各レーザ装置のデータ収集をおこなっている独自の機能です。データ収集により製品の出荷前に各レーザに関する潜在的問題を防ぐことができます。

当社のHe-Cdレーザの平均寿命は業界一です。全てのHe-Cdレーザは平均4,500時間以上です。そして、一部の型式では平均8,000時間を達成しています。