He-Cdレーザ 保証

株式会社金門光波 福島工場 

金門光波は他に類を見ない保証を提供しています


当社のHe-Cdレーザは高い品質基準と優れた信頼性のために、業界で最高の保証を提供することができます。当社のIKシリーズのHe-Cdレーザは、『出荷日から1年以内または、機種毎の保証時間以内のいずれか早い方で定格出力の70%に満たない場合。』で、当社の責任による不具合に対し、修理または部品の代替交換を無償で行います。
当社の保証は、保証期間内または保証期間外に関わらず、チューブを交換した場合、レーザヘッドの保証はリセットされます。当社の保証の内容は、下記に説明いたします。

例えばお客様がレーザを購入されてから10ヶ月で1,500時間稼働した後にレーザが停止した場合、当社は保証の範囲内でレーザチューブを無料で交換し出荷いたします。そのときレーザ型式に応じて新しい期間(1年もしくは2,500時間、3,000時間)が新しく保証されます。
お客様のレーザがその8ヶ月後、2,000時間で再び停止してしまった場合、レーザは新しいレーザチューブに交換し保証期間もリセットされることになります。このシナリオに競合他社の保証を適用した場合、お客様のレーザでレーザチューブを交換した際に保証がリセットされないので、2本目のレーザチューブ代金を支払う必要がありました。
お客様が購入されたレーザ型式によっては、お客様のコストが30万円から220万円以上に及ぶ可能性があります。

当社は保証期間内にレーザが停止してしまうことが少ないので、この様な保証をご提示できます。もし、保証期間内にレーザ停止が頻繁に発生してしまった場合、常に無料でレーザチューブを交換することになり、このような保証をご提示できません。これはまさに当社の競合他社がこのような保証を提供していない理由です。